「江副浩正」は働く人にお勧め

仕事の話です。チーム100名に向けて、現在39名になりました。今後拡大していくときに、メンバー個人個人の自立が鍵になってくると思ってます。

そんなことを考えてたら、いつかレビューを書きたいと思ってた、この本のことを思い出しました。

江副浩正 [ 馬場 マコト ]

価格:2,420円
(2021/11/27 03:25時点)
感想(1件)

自立型社員を育てるには、起業家人材を多く排出しているリクルートという会社が、一つの解を持っている気がします。これはその創業者の伝記です。

僕もこの本を読むまでは、リクルート事件によるフィクサー的なイメージから、なんとなく、「一代で会社を作るぐらいだから清濁併せ飲む」タイプの人だったんだろうな、ぐらいにしか思ってませんでした。

この本の著者の筆力もあり、人間「江副浩正」が浮き彫りにされてて、単なる称賛本ではなく、光も影もあぶり出した良書となってます。

留置場でお尻に検査棒を突っ込まれて恥辱で涙するシーンなども描かれており、カッコ悪い部分も含めて、さらけ出して生きる姿が本当にカッコ良い人だな、と思いました。

冒頭に書いた「指示を待たずに、自立して動けるメンバー」ですが、そのように育てるには、大胆に仕事や責任ある立場を任せていかなければいけません。正直、マネージャーからすると、仕事を任せるということは、主にこの2点の心配が出てきます。

1.経験不足から、問題が発生する可能性が高くなる。

2.全ての仕事をメンバーが覚え、自分自身の仕事がなくなる。

この1については、任せた以上はある程度覚悟が必要で、最後の最後で「もし大コケしそうになったらサポートに入る」ぐらいしかないと思います。

一番怖いのは2かもしれません。

この2を克服するには、マネージャー自身がさらに成長し、次の目標を見つける、ということを余儀なくされるからです。

件の本には、江副さんが事件後に会社に戻ってきた際、「自分がいなくても会社が回っている」のを目の当たりにして寂しさを覚えるシーンがあります。

これこそ、自走できる社員を育てたことの証であるし、彼の名文句「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」を体現した組織がそこにあったということに他なりません。

僕も「Mikameさん、ハノイ観光でもしてていいですよ」とメンバーから言われるぐらいになったら、初めてチーム作りに成功したと言えるんじゃないかな、と思ってます。

それでは、また。

投稿者: Mikame Kosuke

ベトナム・ハノイ在住。「日本のITエンジニア不足を解消するには、海外の人と仕事ができなければ」と思い、オフショア開発に携わって約2年。コロナ禍ですが、再度ベトナムに渡航しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。