サステナブルな社会に向けての提言

今日は仕事が休みでした。(深夜勤務明けなので)

朝ごはんのパンは、「深夜作業で腹が減ったら食べよう」と思って買ってたものです。

が、昨日は忙しくて全く手を付けられませんでした。

休日にも関わらず、リリースの影響が気になって、結局会社のチャットをチラチラ見てました。

ただ、開発者達には一度も連絡を入れずに済んだのは良かったです。

(昨日の終わり際、さすがのエース開発者も疲れ切ってたので…)

また、僕以外のプロジェクト関係者達も、「今日は深夜作業明けなので、開発者を守らないと」という思いで、課題の緊急度をきちんと判断してくれていたのも良かったです。

こういった、「仕事をしてくれる人」「サービス提供者」を守る、という意識は本当に重要だと思います。

僕の周囲でも「育児休暇で2ヶ月休みます」とか、日本人男性でも普通に聞くようになってきたので、仕事に対する日本人の考え方も少しずつ変わってきてるのかな、とも感じます。

「お金払ってるんだから、サービス提供者は頑張れ」みたいなブラックな考えは、もう時代遅れです。(仮にスーパーの店員さんがスマホをいじってても怒ってはダメです。暇な時は何してても良くないですか?ベトナムではそれが普通です)

プロジェクトが終わったら行こうと思ってたんですよね、床屋。

出かけた時間が悪く、通勤ラッシュにハマってしまいました。

僕の行きつけは、この学生向け施設の裏手にあります。

ハノイもだいぶ涼しくなってきました。(まだ30度前後ありますが)

家に帰って、ビールを飲んでたら、興味深い記事を見つけました。

Googleクラウド、仮想通貨払いに対応 Web3需要を開拓

「クラウド」というのは、ざっくり言うとレンタルサーバー(ホームページなどを置くためのコンピューター)のことです。

Googleが提供するレンタルサーバーの支払いに仮想通貨が使えるようになる、というのは驚きでした。

Googleのように、現在のインターネット業界で覇権を握っている会社は、利用者の情報を一手に管理しています。

それに対し、仮想通貨つまりブロックチェーンの仕組みを使うと、利用者の情報など、あらゆるデータが複数のサーバー(コンピューター)に分散管理されます。

ですので、現在のインターネット業界で覇権を握ってる企業とブロックチェーンは相性が悪い、というのが一般的な見方です。(「中央集権」対「分散管理」)

それにも関わらず、Googleがブロックチェーンに歩み寄りを見せたということで、今後、仮想通貨(ブロックチェーン)が広がることを予感させる記事でした。

それでは、また。

投稿者: Mikame Kosuke

ベトナム・ハノイ在住。「日本のITエンジニア不足を解消するには、海外の人と仕事ができなければ」と思い、オフショア開発に携わって約2年。コロナ禍ですが、再度ベトナムに渡航しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。