給料を上げたい、そのためには?

僕に給料を払ってるのは経営者ですね。

なので、「経営者が僕に何を期待してるか?」は常に意識してます。

「お金を出してくれる人に擦り寄るなんて…」って思われる方もいるかもしれません。

でも、これって、世の中すべてそうですよね。

マイケル・ジャクソンはオーディエンスを全力で楽しませようとしました。

(M.Jが泊まったホテルの床が、ダンスの練習で汗の水たまりができていた、という逸話があるくらい、普段から命がけでお客に応えようとしていた)

普段は偉そうな(怒られるかな)会社役員でも、株主に対しては、すごく気を使います。

お金を出すということは、その対象に価値を感じて、信頼の証である「お金」を渡すわけです。

信頼の証である「お金」を多く受け取りたいなら、お金を出す人の期待を上回らないといけません。

例えば、僕の場合、もう中年なので、「プロジェクトを成功に導く」「チームの安定運用」みたいなことは、当たり前のこととして、そこには僕にお金を払う価値は感じてもらえないと思ってます。

特別な価値、、例えば、日本にいる社員にはできないこととかでしょうか?「カンボジア視察で、鋭い視点の報告書を書く」いや、もう一声、、「カンボジアでビジネスのアイディアを思いつく」ぐらいやらないとダメかもしれません。

とにかく、スポンサーが想定してる上をいかなければ、給与も上がらないだろうなあと思う、今日この頃です。

それでは、また。

投稿者: Mikame Kosuke

ベトナム・ハノイ在住。「日本のITエンジニア不足を解消するには、海外の人と仕事ができなければ」と思い、オフショア開発に携わって約2年。コロナ禍ですが、再度ベトナムに渡航しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。